ホームティーチャー開業後、挫折しやめるパターンとは

ホームティーチャー

せっかくホームティーチャーになったのに、長続きしなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。口コミをみていくと、多くの方が共通した部分で挫折したり、やめるという決断を下しているようです。

今回は挫折パターンを見て、そこから同じ道を歩まぬように対策を打っていきましょう!

ホームティーチャー開業後、挫折しやめるパターンとは

ホームティーチャー開業後、挫折しやめるパターンとは

それでは、挫折するパターンを一緒に見ていきましょう。

ここで紹介するものは、すべてネット上で拝見した口コミをまとめたものになります。

挫折パターン① 生徒が集まらない

圧倒的に多かった口コミがこの「生徒が集まらない」というものでした。

これは多くの方がホームティーチャーをするうえで、不安に感じていることでしょう。その不安を打ち消すかのように、契約時は営業マンが必死で説明してきますが、現実はそんなに甘くないと言う事も多いようです。

妻が療育ホームのホームティーチャーをやっているので、その立場からアドバイスをすると、

  • 開業時に、いくら稼ぐかを明確にして、そのために何名必要か計算する!
  • 生徒募集は問い合わせがないのか、体験後入会しないのかどちらか?
  • 地道な足を使った営業活動は出来ているか?
  • 紹介してもらえるような工夫をしているか?

このような部分を見直していただくといいかと思います。

開業時に、いくら稼ぐかを明確にして、そのために何名必要か計算する!

目標が不明確になると、だんだんと嫌になってきてしまいます。そのため、目標を明確にしておくことが最重要でしょう。

「生徒が集まらない」というのも物凄く抽象的な表現ですので、目標●名に対して、生徒が●名足りない!と言う事が見えれば、やるべきことも見えてくるはずです。

具体的な数字を挙げることで、具体的な行動に繋がると思います

生徒募集は問い合わせがないのか、体験後入会しないのかどちらか?

問い合わせが少ないのか、体験後の入会率が悪いのかでも対策は大きく変わってきますね。

問い合わせ自体が少ないのであれば、営業活動に力を注ぐ必要があります。逆に入会率が悪いのであれば、かなり勿体ないので、対応時の工夫を試みましょう。

地道な足を使った営業活動は出来ているか?

これは絶対に必要です。

具体的には、近所へのポスティング活動や、小学校の門の前でチラシを配布するなどです。今はネットの時代だから!と仰る前に、地道な活動をしっかりやりましょう。

ホームティーチャーの場合、ネットでの広告戦略は企業側がやってくれていることなので、一任するしかありません。こちらが出来るのは、足を使った戦略です!

特に学校前でのチラシ配りはかなり効果があります!

紹介してもらえるような工夫をしているか?

集客で一番ありがたいのは、どう考えても「紹介」による入会です。コストが全くかからず生徒が増えるわけですから、嬉しいという以外に何もありません。

子供たちに紹介の話をして、友達を連れてきてもらう工夫をする。すっごく簡単なのは、「紹介してくれたら、このお菓子をあげるよ」というもので釣る作戦!(笑)

姑息ですが、これでいいじゃないですか☆

何も悪いことはしていません。子供も私たちも大喜びです☆

スマートに綺麗に、営業するだけではなく、このような泥臭さもひつようです!

参考>>ホームティーチャー制度で収入を倍増させる方法

挫折パターン② 1対1授業が多くてつらい

これも結構見受けられた口コミです。

特に無学年制をとっていない教室で発生しやすい悩みです。公文や療育ホームは無学年制なので、あらゆる学年の子供が同時に授業することが出来ます。

しかしECCジュニアなど一部のホームティーチャー制度の企業は、学年やレベルごとクラスを分けているため、生徒数が少ないとどうしても少人数での授業になります。

習い事教室で、長年働いている私からすると、1対1授業などもってのほか!企業経営の観点から見たら最低です。私の部下がこのような運営をしていたら、大叱責します!(笑)

時給換算をしてみましょう。ECCジュニアの場合、例えば1名から3,000円の先生取り分があったとします。1回の授業が60分、月に4回ですから、3,000円÷4=750円となります。普通にパートに行けば1,000円程度貰えるわけですから、250円の赤字です。

これが2名になれば、当然時給1,500円換算になるので、まぁギリギリOKかな?と思うことが出来ますが、経営をしてきた私からすると、これでも全然だめです(笑)

なぜなら、授業前、授業後に多少の処理をしたり、最初に契約金を支払ったり、研修をした時間、揃えた備品代が発生しているわけです。

それらを諸々考えると、どんなに少なくとも、1時間で2,000円以上稼がなければ、徳はありません。先ほどの1,500円程度だと、2年で元をちょうど取って終わったーとなるので、あまり意味がないですね。

1時間2,000円の稼ぎを得るには、ECCジュニアで言えば、3名となる。私の妻がやっている療育ホームであれば、2名となる。

もうひつと、マンツーマン授業のデメリットがあって、それは先生も生徒もテンションが下がると言う事です。先生もやる気が減退しますし、生徒も気まずいし楽しくないので退会が早くなる傾向があります。そのためマンツーマン授業は何が何でも避けなければなりません。

実はホームティーチャーをやめるパターンは2つだけ?

実は、ほぼこの2つしかやめるパターンが見当たりませんでした。

結局は、集客が出来ず思ったいたほどの収益を上げられなかったと言う事。そして閑散とした授業で気持ちが滅入ってしまったというパターンです。

こまごました口コミとしては、本部側からの営業電話がひどくて辟易してしまったという方もいらっしゃいました。

しかし、その方も本質的には、売り上げがあまり上がっていなかったのでしょう。恐らく本部側も売り上げが上がっている教室に対して、そこまでしつこい営業をかけてくることは無いはずですから。

参考>>現役ホームティーチャーにインタビュー 口コミから見るお勧め度

【まとめ】ホームティーチャー開業後、挫折しやめるパターンとは

【まとめ】ホームティーチャー開業後、挫折しやめるパターンとは

つまり、ホームティーチャーは「生徒を集める」このことに尽きると言う事がわかったかと思います。

私はこれは大変な事である一方、物凄く楽な部分もあると思っています。

それは教育ビジネスの形態が、ストックビジネスであると言う事です。ストックビジネスというのは、来月も再来月もその次もある程度、顧客が継続することが想定出来て、安定収入を得られるビジネスのことを言います。

タピオカ屋さんの場合は、今日は100名来たけど、明日は50名、雨だと10名、コロナで1名など、物凄く周りの条件に影響を受けます。

しかし習い事はそんなことはありません。そして1年ほどの平均継続期間がありますから、1回20名入会させることに成功出来たら、1年間はおおよそ安泰だと言えるわけです。

こんなビジネスありません。当然パートで働けばそんなことを気にしなくて済みますが、「通勤なし」「小さな子供いてもOK」「未経験OK」「高時給可能」「時間の融通可能」「先生という箔のある仕事」という条件が付いてくるホームティーチャーは凄いと思います!

主婦の皆さんが、いきいきと楽しく日々を過ごすためにも、いいのではないでしょうか?

DAIMINA

高卒にて超ブラック企業のトラック会社にて2年間勤務。ここで社会人としての基礎と根性を学ぶ。その後、東京の5つ星ホテルにてドアマンを務める。ホテル退職後、人生をかける仕事に出会い人生が一変。現在では、全国展開する企業の取締役を務め、一般社団法人の理事兼事務局長を務める。プライベートでは、2児の父。趣味は子育てと自己啓発。

DAIMINAをフォローする
ホームティーチャー
DAIMINAをフォローする
子育て・発達障害・ホームティーチャーブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました