ホームティーチャーになるための資格は?おすすめ紹介!

ホームティーチャー

え?ホームティーチャーになるために資格って必要なの?

契約するホームティーチャーの種類にもよりますが、資格必須の所もあるようです。

そうなんですね、私運転免許しか持っていないんですけど。。。

大丈夫、そのような方でも出来るようバックアップ体制のある所ばかりですから、ご安心ください。では、詳細を見ていきましょう。

ホームティーチャーになるための資格は?おすすめ紹介!

ホームティーチャーになるための資格は?おすすめ紹介!

ホームティーチャーになるために、必ずこの資格をもっていないとだめです!という企業はほとんどありません。企業も1件でも多くホームティーチャー契約をしたいと考えているため、そこまで厳しい要件を突き付けてくるところはないでしょう。

しかし、その代わりに、ホームティーチャーとしての契約をする段階までは資格はいらないが、開業する(授業をする)段階までに、資格を取得してくださいというところは多いようです。

今回はホームティーチャーの最大手、ECCジュニアと私の妻が受けている療育ホームを例にとって紹介していきたいと思います。

ECCジュニアで取得する資格とは

実は、英語を教えているECCジュニアさんも無資格で応募が出来ますし、さらには開業まで無資格のままで行くことが出来ます。

英語の資格と言えば、英検、TOEIC、TOEFLなどがありますが、全くもって問題はないようです。

しかし、資料請求をしたのちにある「説明会」にて試験が行われ、そこで簡単なテストは行われるようです。このテストに合格した方が開業資格を得るという流れのようです。

これはホームティーチャーをする側からすると、かなりハードルが低いと言う事が言えますね。ただ、ECCジュニアに通わせる生徒さんの保護者側からすると「無資格でも英語教えれるのはいいけど、先生の質はどうなの?」と疑問符が付きそうな点ですね。

私自身教育業をしている身からいいますと、どんな英語が達者であってもそれを「教える」となると全く持って別問題になるので、あまり関係はないかな?と思う一方で、「最低限の知識」があるかどうかは気になるところです。

相手が小学生だと、先生の知識があいまいでも押し通すことが出来るので、誤った知識を植え付けられる可能性もあります。ここは一概には言えませんが、通わせるときには、担当してくれる先生としっかりと話をして実力や人がらを見ることもとっても大切です。

少し話がそれましたが、ECCジュニアではホームティーチャーになる際に、必要となる資格は全くない!と言う事になります。

当然開業時に、英検やTOEIC、TOEFLを取得しておいた方が、何かと楽になりますから、私は事前に取得することをおすすめします!

Aさん
Aさん

ふ~、それなら安心です☆でも説明会でやる試験は気になりますね。説明会の軽いノリでいったのに、テストって。少し怖いです(笑)

恐らく、説明会に参加する方の本気度を確かめるためにそうされているのでしょう。情報を取られたり、、、と言う事を防ぐ狙いだと思います☆

療育ホームで取得する資格とは

では、次に私の妻が受けている療育ホームで取得する資格についてです。

まず、事前に取得しておかないと契約が出来ないという資格はありません。ただし、療育ホームの先生になるためには、いくつか条件があります。

  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士
  • 保育士
  • 教員免許
  • 臨床心理士
  • 公認心理士
  • 認定心理士
  • メンタルケア心理士
  • チャイルドカウンセラー
  • 看護師

上記の何れかの資格を持っている方は、それで文句なく申し込み資格を持っていることになります。上記に当てはまらない場合は、下記のような経歴に当てはまるかどうかになります。

  • 大学もしくは大学院において、社会福祉学、心理学、教育学、社会学を専修する学部、学科を卒業した者 児童福祉事業に1年以上従事したことがある者
  • 福祉事業に1年以上従事したことがある者
  • 児童と接する事業に1年以上従事したことがある者
  • 自分の子供が発達障害もしくはグレーゾーンである

このようなものです。経歴に関しては、かなり融通が利くような感じですね。最後の「自分の子供が発達障害もしくはグレーゾーンである」というのは、ある意味自己申告すればよいだけなので、どうにでもなりそうです(笑)

ただ療育ホームの場合は、最初に講師となる先生の適性をしっかりとみるという印象が強いです。ECCジュニアは営業色が強いので、誰でもOKとハードルを下げていますが、療育ホームは、どちらかというと教育理念を順守している感じです。

ちなみに療育ホームの教育理念とは、

「子供たちの「いじめ・不登校・自殺」を減らす!」

これが最初に来ています。とくに発達障害児と保護者の救済という色が強いのが特徴です。

研修中に取得する資格が2つある

実は、先ほど挙げた資格や経歴は、「応募するための資格」となり、その後先生となりデビューするためには、コミュニケーションスキル認定資格」というものを取得する必要があります。

この資格は2種類あって、
ひとつは「子育てコミュニケーションスキル認定資格」
もうひとつは「2級コミュニケーションスキル認定資格」です。

「子育て」の方はその名の通り、子供への接し方を学びます。2級の方は、ビジネスパーソンが必須となるような人間関係を構築する術を学びます。

この2つで、生徒である子供への対応、その保護者への対応の両方をマスターできるというイメージです。

2つも資格があって大変だ。と思われるかもしれませんが、逆に言うと、療育ホームの開業前研修はほぼこの資格取得で終わります。当然細かい部分はビデオ学習等ありますが、メインがこの資格。ボリュームはそんなにないので、早ければ1週間で取得可能です。私の妻も2週間で2つの資格を取得できました。

本人も資格を取得したことで、自信をもって開業にすすめたと言っています。

ECCジュニアとは違い、療育ホームではこのような条件や資格があると言う事ですね。

参考>>お勧めのホームティーチャー療育ホームとは?

【まとめ】ホームティーチャーになるための資格は?おすすめ紹介!

【まとめ】ホームティーチャーになるための資格は?おすすめ紹介!

以上が、ホームティーチャーになるための資格情報まとめでした。企業によって特色がかなりわかれるようなので、このあたりは申し込みをしようと検討している企業のHPやサポートでしっかりと確認されることをおすすめします。

ただ無資格でもOKという企業であっても、資格をあらかじめ取得しておくことをお勧めします。この段階で、本当にホームティーチャーとしてやっていけるレベルがあるか、またそのことを教えたいと思えるかが自分の中で見えてくると思います。

ホームティーチャーは2年契約になっていることが多いため、衝動的に決められる職ではありません。だからこそ、しっかりと事前にスキルを付けておくようにしましょう!

Aさん
Aさん

よくわかりました。ありがとうございます!

ホームティーチャーという働き方に是非チャレンジしてみてください。新しい自分に出会えるかもしれません☆

DAIMINA

高卒にて超ブラック企業のトラック会社にて2年間勤務。ここで社会人としての基礎と根性を学ぶ。その後、東京の5つ星ホテルにてドアマンを務める。ホテル退職後、人生をかける仕事に出会い人生が一変。現在では、全国展開する企業の取締役を務め、一般社団法人の理事兼事務局長を務める。プライベートでは、2児の父。趣味は子育てと自己啓発。

DAIMINAをフォローする
ホームティーチャー
DAIMINAをフォローする
子育て・発達障害・ホームティーチャーブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました