ホームティーチャーの求人が増えた理由(転職・再就職情報)

ホームティーチャー

コロナが流行り一つ時代が変わったような感じがします。

政府も新しい生活様式を提唱しているように、働き方、日常生活の送り方、遊び方など様々なものが変化しています。

特に働き方の面では、”集団”を要する、いわゆる大企業や大手企業で働くという考え方から、小集団で安全に安心に働くことを希望される方が多くなったように感じます。そして増えてきたのがホームティーチャー。時代の流れとともにその理由を紹介します。

ホームティーチャーの求人が増えた理由(転職・再就職情報)

ホームティーチャーの求人が増えた理由(転職・再就職情報)

皆さんは、いま働くときに何を求めますか?

  • お給料
  • 通勤時間
  • 職種
  • 会社の規模
  • 安定性
  • 福利厚生
  • 働き甲斐

このようなものが指標としてよく挙げられます。しかし、冒頭でも述べた通りコロナを経て日本は、いや世界は変わってきています。変わったというよりも一つの考え方を身につけたように感じます。それは、

自分の食い扶持を稼ぐための武器を持つこと。

そのために、複数の収入口を確保しておきたい!ということ。

今までこのような考え方はあまりありませんでした。しかし、コロナでいつ雇止めに合うか分からない。いつ解雇されるか分からない。いつ言及されるか分からないという不安を感じた日本人は、上記のような考えを持つことになったのです。

しかし私は個人的にとても良い傾向だと思っています。終身雇用が崩れた現代で、一つの会社にすべてを注ぎ込むというメリットを感じにくくなっているのは事実。8時から17時まではメインの仕事を頑張り、その後の時間は、ネットでビジネスを立ち上げたり、投資をしてみたりというもう一つの稼ぎ口を作り出すための時間とする。これはとても素晴らしいことだと思います。

その中で新たなビジネスが立ち上がってくると思いますが、今回はホームティーチャーにフォーカスを当てて紹介します。

自分の食い扶持は自分で稼ぐ!

ホームティーチャーとは、ECCジュニアなどが一番イメージしやすいと思いますが、簡単に言うと「自宅開業」です。自宅の1室を利用して、そこで英語や算数などを子供に教えるお仕事。それがホームティーチャーです。

私の妻も療育ホームという教室のホームティーチャーをしています。(まだまだ始めたばかりの新米です)

参考>>お勧めのホームティーチャー療育ホームとは?

妻がやっているので、よさや大変さを理解しているつもりです。結論で言えば、ホームティーチャーは物凄く時代にマッチした仕事だと言い切ることが出来ます。

自分の食い扶持を自分で稼ぐ!そのためには、企業に属していては厳しいと言う事を痛感した方も多いでしょう。企業に属すと、何かあった時の判断は企業次第。企業が一斉休業を決め、給与支払いをしないと決めた瞬間に、無収入月間が発生します。

家や車、家電のローンを組んでいる方からすると、1か月でも無収入月間があるのは恐怖としか言いようがありません。

しかし、いわゆる個人事業主と言われる働き方であれば、その判断をするのが自分であるため、自分で事態を動かすことが出来ます。ホームティーチャーの契約によっては、本社側が一斉に決めてしまうこともあるかもしれませんが、私の妻が契約している療育ホームでは、その裁量はある程度先生に任されています。

主婦の皆さんの中には、主婦はパートや非正規雇用で働くのが当たり前と思われている方もいるでしょう。しかし、それは日本が景気の良い時代だけです。ここから先さらに景気が悪化するとなると、そうはいきません。さらにロボットによる自動化も急加速しているので、パートの職は減る一方でしょう。

少しでも早めに、先生になるスキルを身につけ、ホームティーチャーとして生徒を持つという立場になることをお勧めします。

参考>>ホームティーチャー時代が来る!主婦がパートを選べなくなるXデー

教育は不況の影響を受けにくい業種!

教育業は、不況の影響をそこまで受けにくい業種だと言えます。

例えば、旦那様の収入が少し減った時に最初に削るものは何でしょうか?食費や娯楽費でしょう。次に通信料などの見直しやお小遣いの減額となるでしょう。

教育費を削るというのはその後なのです。

皆さん、我が子には良い教育を受けさせたいと考えているものです。そのため一度始めた習い事をころころ変えてもOKだよね!なんて思っている保護者はほとんどいません。継続性も身につけさせたいと考えている方が多いので、1年生で入会し6年生まで続けるという子もざらです。普通の習い事だったら、これありえません。

しかし教育業はその性質上これが実現するのです。

6年間は大袈裟に聞こえるかもしれませんが、1年でみたらどうでしょう。1年以内に習い事を変えるって、よっぽどですよね。つまり1度入会してくれたら1年間はある程度収入を確保できるかなと思えるわけです。1か月に合計5万円収入が得られたなら、それが1年間は安泰だと感じられる。時代がどう変わっても大きく変わらないと思えるのは、とても安心感があると思います。

ホームティーチャーで30万稼ぐ!!!というのは確かに厳しいですが、複数の収入口のひとつとして安定させるにはお勧めという話です。月10万を安定して稼げて、コロナ等の不測の事態にも強い。1年間は大丈夫と思える。これは大きいのではないでしょうか。

我が子へも好影響が出る!

ホームティーチャーとは、先生です。

もちろん先生になるための研修を受けることになります。そこで学んだことを実践すれば、自分の子供に対しても良い影響が出ることでしょう。また、他の子供をみることで、自分の子供を冷静に見ることが出来るという副次的効果もあります。

どうしても、子育てをしていると「うちの子は、、、」と思ってしまうものです。しかし周りを見ると、あれ?このこも同じようなものね。むしろうちの子の方がしっかりしているのね。と思える。

子育てのキーパーソンは間違いなくお母さん。

そのお母さんのメンタルが整うことはこの上なく良いことです。子供さんも健全な心を手に入れ、さらに良い子に育っていくことでしょう。

参考>>子育ての資格が誕生!?子育てコミュニケーションスキル認定資格

【まとめ】ホームティーチャーの求人が増えた理由(転職・再就職情報)

【まとめ】ホームティーチャーの求人が増えた理由(転職・再就職情報)

以上の理由から、ホームティーチャー人気が高まっている昨今です。

人気が高まったことで、求人誌やネットの求人情報にもよく露出されるようになってきました。大規模から小規模へ皆の頭がシフトしている今の時代にマッチしたホームティーチャー、是非あなたもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

きっと新しい自分に出会うことが出来るでしょう。

パートをやっている自分とは全く異なるあなたに。

DAIMINA

高卒にて超ブラック企業のトラック会社にて2年間勤務。ここで社会人としての基礎と根性を学ぶ。その後、東京の5つ星ホテルにてドアマンを務める。ホテル退職後、人生をかける仕事に出会い人生が一変。現在では、全国展開する企業の取締役を務め、一般社団法人の理事兼事務局長を務める。プライベートでは、2児の父。趣味は子育てと自己啓発。

DAIMINAをフォローする
ホームティーチャー
DAIMINAをフォローする
子育て・英会話・ホームティーチャーブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました